朝起きてからの"15分"が1日を決める!

朝起きてからの"15分"が1日を決める!

みなさん充実した夏休み生活は送れましたか?

部活に、宿題に、テスト勉強に、遊びに、と有意義な時間を過ごし、

何事もなく健康でいてくれたら何よりです!!

 

ただ最近の子どもたちは本当に忙しいと思います。

そこで同じ1日、24時間を過ごすときに少しでも集中力を上げるために耳寄り情報です!!

前置きとして、脳の話になりますが、脳の中で集中力の維持にかかわる部分は前頭葉です。

とくに前頭葉の内側部は、注意の維持や過剰な集中の抑制、感情の抑制、意欲のコントロールをしています。

この部分を活性化することが集中力アップの決め手であり、良い集中を生み出す源です。

 

また、前頭葉は20代後半まで成長しますが、その過程の中でも中学~高校生くらいの年齢でとくに発達します。

 

そこで脳を目覚めさせて、1日のやる気を起こすには、朝起きてからの15分の行動がとても重要です。

具体的には、子どもが起きる時間の30分前に部屋のカーテンを開けて

子どもに朝日を浴びさせることが、脳の働きをとても活発にします。

さらに朝日を眺めることによって、効果が高まりますので、実践させてあげてください。

 

脳を活性化させるホルモンは適度な刺激によって分泌がよくなります。

朝起きて軽いストレッチを行うことが理想ですが、

難しければ、布団の中で手足をゆっくり"グー・パー"と動かしたり、

大きく伸びをすることも、とても有効です。

さらに手と足を同時に"グー・パー"すると効果が倍増します!

また顔を洗った後に、鏡に向かってニッコリしながら顔の筋肉を動かします。

顔の神経はノルアドレナリン系やセロトニン系の出発地点でもある脳幹網様体と直結しています。

ゆっくり、じっくり時間をかけて顔を動かすことも脳の目覚めに役立ちます。

こうして朝からホルモンの分泌がよくなると、1日中頭が働きやすくなりますよ。

 

是非生活に取り入れてみてくださいねー!

 

(参考書籍:子どもが勉強好きになる子育て  フォレスト出版  篠原菊紀)

お問い合わせ

お子さまのお名前
コース選択
学校名
学年
希望科目
希望曜日(複数可)
希望時間(複数可)
メールアドレス
電話番号
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。